【バス移動】メスティア〜バトゥミ〜トルコ・トラブゾンまで1日で

またまたブログを長らくお休みしてしまいました。単にモチベーションの低下というヤツです。。
が、このままだと帰国しても旅ブログ書かないといけないので?今日からまた頑張ります。
メスティアでトレッキングを楽しんだ翌日は弾丸移動。

 

スクリーンショット 2015-10-31 1.22.59

 

ジョージアのメスティアからいっきにトルコのトラブゾンまで行きました。

移動情報が少なかったので書いておきます♪

 

sponsored link

 

 

◆メスティアからバトゥミまでバス移動

 

メスティアで泊まった宿IRMA GESTHOUSEのオーナーはインフォメーションセンターに勤めるスタッフ。

 

そのIRMAに行き方情報を聞いたところ

 

・メスティアからバトゥミ直通のマルシュルートカは早朝7時と8時の1日2本。

 ・直通が埋まっている場合は、ズグデティ駅まで行き、そこからバトゥミ行きに乗る。

 

とのこと。

 

弾丸移動のため朝7時の直通便を電話で予約してもらいました。

 

料金は一人25ラリ(円)。ズグデティ行きの料金が20ラリだったので、直通の方がお得ですね♪

しかも宿までピックアップ付きでした。

 

では出発です。

 

3時間ほど走り、途中ズグデティ駅を経由。

 

th_IMGP9033

 

そこからまた3時間程走ると、黒海がみえてきました。

世界地図を広げるとなぜだかその響きに憧れていました。

 

黒くともなんともない普通の海(笑)

 

th_IMGP9296

 

14時頃バトゥミに到着。

 

th_IMGP9301

 

なかなか素敵な港町だけれど「久しぶりの海」はギリシャの島々まで大事にとっておきたい!!

ということで、一気にトルコのトラブゾンまで移動することにしました。

 

最後に美味しくて別れがたいジョージア料理を堪能。海沿いのお洒落なレストランに入りました。

 

 

th_IMGP9300

 

名物ハチャプリ。バターとチーズがコレでもかという位入ってておいしい♪

 

th_IMGP9302

 

トマトとナスの冷製?に上に乗ってるのはパクチー。

 

th_IMGP9303

 

ジョージア料理はパクチーの使い方が神がかってます!

アジアみたいにガバッ!!と入れるんじゃなくて、絶妙なバランスなんですよね。

昔はパクチー苦手だったけど、旅に出て好きになってきました。

 

 

◆バトゥミからトルコのトラブゾンまでバス移動

 

マルシュルートカを降ろされた場所はバスターミナルではなく、海沿いのゴーギ–バッシュビリ・ストリート。

近くにインフォメーションセンターがあったので、地図を貰い場所を聞きました。

 

 

海沿いの大通り(ゴーギ–バッシュビリ・ストリート)からカジノのある角を曲がります。

 

th_IMGP9304

 

 

しばらく直進し線路を越えると、バスターミナルが見えてきます。

 

th_IMGP9306

 

▼バスターミナルの地図はこちら

 

 

バスターミナルに着いたのが15時前。

トラブゾン行きのマルシュルートカを探したところ、16時発が見つかりました。

 

値段は17ラリ(1770円)

 

しばらく待ちましたが、、16時になっても全然人が集まらず一向に出発する気配がありません。

 

結局3時間ほど待ちました。。出発したのは18時前。。

 

下の斬新な建物がジョージア側の国境。

出入国は特に問題なく、1時間もかかりませんでした。

 

th_IMGP9313

 

が、ココで問題が。。ジョージアの通貨はトルコ側で両替できません。

 

いやそんなマイナー通貨は世界中でできません。ミスしました。

 

いまだに2000円分のジョージラリを持ち歩いて、だれか旅人と交換できないか目論んでます。笑

 

なので必ず、バトゥミの街で両替を済ませてたほうがよいです。

 

トルコ側に入ると、大きなモスクがありました。

久々のイスラム文化圏。なんだか懐かしい感じがしました。

 

th_IMGP9309

 

3時間ほどで、トラブゾン付近に到着。ジョージアと時差が2時間。

辺りはまっ暗だけど時計は戻ります。なんだか不思議な気持ち。

 

◆トラブゾンの安宿Hotel Benli

 

泊まったのはバックパッカー定番の安宿Hotel Benli。

 

ドライバーに何も言わないでいると、トラブゾンの郊外(オトガル・バスターミナル付近)で降ろされてしまいそうだったので、

Meydan(メイデン)広場の近くで降ろしてと伝えると、広場から800mほどの場所で降ろしてくれました。

 

地図はこちら。

 

料金はダブルで40トルコリラ(1770円)

 

th_IMGP9321

 

ホット共用シャワー、wifiあり(部屋内可能)

 

名前の通り、街の中心部にあってとても便利な宿でした。

 

1日移動で疲れていたので、夜ご飯を食べた位でその日は就寝。

トルコ名物ケバブを食べました♪

 

 

th_IMGP9338

 

th_IMGP9328

 

次の日は夜行でカッパドキアまで移動。

夕方までは髪の毛を切ったり、街をブラブラしてました。

 

トルコに入った瞬間に、人々の感じが変わって「ウェルカム!」と愛想良く話しかけてきます。

 

全然ジョージアと違う。感じ良いです♪

 

th_IMGP9329

 

翌日はトラブゾンから夜行でカパドキアへ移動。

 

今日は移動情報の記事だったので、次回は楽しい記事を!カッパドキアの素晴らしい景色&バギー体験をお伝えします♪

世界一周動画をYouTubeで配信中♪

 

Twitterでも呟いてます♪

 

Facebookでは世界一周の写真をアップ中♪

th_IMGP9306

2 件のコメント

  • けんさん!次回の記事も楽しみに待ってますよ〜\(^o^)/これからイランに行ってアルメニア、ジョージア、トルコと向かいます!!すごく参考になります!

    •  最近サボリ癖マックスです 笑
      全部面白い国だよね〜〜〜。こりらこそブログ楽しみにしてるね♪

  • bokutabikimitabi へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です