サマルカンドはRPGの世界。1番美しい青ココにあり!!

昨日は憧れのレギスタン広場に行って来ました!!

(前回記事:青の都と言われるサマルカンドの町が想像以上に美しい

 

th_IMGP5721

 

sponsored link

◆ウズベキスタン・サマルカンド観光2日目

 

サマルカンドは歴史的な建物が美しく、古の雰囲気漂う町。

 

なんだかRPGの世界を彷徨ってるような気持になるんですよ〜。

 

ドラ◯エとかそんな世界観。ともすればボクらの職業は遊び人ですね。笑

 

 

どんどん冒険(観光とも言うね)を進めていきたいんですが、6月中旬は熱すぎる。

 

気温40℃。

 

歩いてるだけでHPが減るアレ状態です 笑

 

16時頃から町を探検するもまだ日差しは強い。

 

th_IMGP5851

 

はげしい炎に対抗するために、ミサトはピンクのローブでUVカットしてたんですが、、

 

th_IMGP5865

 

前を見ずに歩いていたら、

 

 

落とし穴に落ちました 

 

40㎝以上ある溝に落っこちて危うく戦闘不能になるところ  笑

 

 

そんな時

 

モンスターが現れた。

 

 

 

th_IMGP5863

 

ピ。

 

 

th_IMGP5864

 

ピカチュウ?

 

風貌からして、戦闘力高過ぎたので逃げだしました。 笑

(この辺でドラクエネタは止めときましょうか 笑)

 

 

◆ウズベキスタンでは闇両替するべし

 

あら?また響きドラクエっぽいぞ?笑

 

th_IMGP5862

200ドル両替したらこんなに札束が

 

ウズベキスタンは銀行やATMでの正式レートよりも闇両替の方が断然お得なんです。

銀行だと1ドル=2600スムなのに対して、闇両替だと1ドル=4200スム(2015年6月)

 

メッチャお得に見えるけど、実際には町全体が闇レートで動いてます

ホテル料金の計算も1ドル=4300スム計算だったし。

 

ウズベク人もバカじゃないので、旅行者に両替の話しを持ちかけて稼ごうという輩がいっぱい。

 

ボク達はバザール近くのお土産さんに頼んで、両替しました。

 

th_IMGP5806

 

裏方まで連れて行かれコソっと取引するのが、正に闇両替って感じで面白かった 笑

 

 

◆ サマルカンドで1番綺麗な「青」シャーヒズウィンダ廟群

 

レギスタン広場近辺から徒歩10分。アフランシャブの丘を登ると美しい建物がありました。

 

th_IMGP5875

 

ここティムール(13世紀の英雄)関係者のお墓なんだそう。

 

レギスタン広場と比べると、一つ一つの建物大きさは叶わないんですが、

 

th_IMGP5876

 

 

ボクはココの青が1番好きでした、

 

美しい青のタイルが張り巡らされた建物の数々。

 

th_IMGP5886

 

驚くべき事に、全て色・デザインが違うんです。

 

th_スクリーンショット 2015-08-14 23.49.31

 

深い青があったり、緑っぽいのもから、紺色まで様々。

 

th_IMGP5895

 

路地を囲んで青のお墓がズラーっと並んでます。

 

th_IMGP5892 th_IMGP5880

 

墓の集まる場所ということで、廃墟のような場所かと思ったけど。

 

こんなにも、ファンタジックな場所(見た目が)とは思わなかった。テーマパークのようなRPGのような美しさ。

 

これは無名のお墓。

 

th_IMGP5889

 

夕日の時間になると、建物が照らされてなんとも言えない雰囲気。

 

th_IMGP5882

 

サマルカンドを一望できる場所がありました。

 

th_IMGP5896

 

th_IMGP5907

 

 

th_IMGP5900

 

この敷地の隣には、現在のお墓も併設されています。

 

ウズベク人にとって、この聖なる地にお墓を構えるのはものすごく光栄な事なんだろうなと想像できます。

 

顔写真つきのお墓。

 

th_IMGP5870

 

5年前に若くして亡くなった4歳くらいの子どもの顔があったり。

 

夫婦仲良くお墓で。永遠に一緒にいようってことかな。

 

th_IMGP5873

 

 

顔写真があったからか、それぞれの人生を想像しちゃって。。

 

「人の人生っていつか終わるんだよな〜、この旅も、2人の時間も永遠ではないんだよな〜」

 

って考えてたら、涙が出てきちゃいました。

 

大事に生きなきゃな〜って。教えてくれてるみたいだった。

 

いきなりボクが泣き出すから、ミサトびっくりしてた 笑 なんだか妙な雰囲気になって帰宅 。

 

 ◆夜ライトアップされたグリー・アミール廊へ

 

涙を拭いて、再び歩き出しました。今度は夜のライトアップを見に行く事に。

 

昨日昼間にみた景色も、夕方になるとまた違った表情をみせます。

 

ヒビニハムモスク

 

th_IMGP5926

 

夕日が落ちた直後のレギスタン広場

 

th_IMGP5936

 

町の中心では、ミュージカル噴水ショーもやってました。

 

th_IMGP5948

 

ウズベク人はやたら噴水好きで、大体町の中心部には噴水があります。笑

砂漠の町の憩いの場といった感じ。とりわけショーの時間は多くの人が集まります。

 

ボクらもそこで、日が暮れるのを待ち。

 

目的地、グリーアミール廊へ。

 

ライトアップされた青はこちら♪

 

th_IMGP5959

 

 

サマルカンドの町を歩くのは、 小さい頃に憧れたファンタジーや、冒険の世界にいる様な感覚でした。

とにかく歴史ある建物が美しい。ウズベキスタンにきたならここははずせない♪

 

 

サマルカンド2日間の動画はこちら↓↓

https://youtu.be/gEStXcfr_QI

 

 

と思ってたんだけど、次の町ブハラはもっと古代感ありました♪

お楽しみに!!

 

世界一周動画をYouTubeで配信中♪

Twitterでも呟いてます♪


Facebookでは世界一周の写真をアップ中♪

th_IMGP5900

4 件のコメント

  • サマルカンドはFF10のザナルカンドのモデル地と言われてます。昔巨大繁栄し、滅びた都市という部分が共通点、だとか。
    綺麗ですね。行きたいです!
    そして最近めっちゃgoproを買いたくなってます。こまったな\(^o^)/

    • こんにちは♪へええ〜そうだったんですね!!RPG違いでしたね 笑
      でもホント物語の場所みたいな素敵な場所でした♪中央アジアぜひ!!

      GoPro防水動画とるなら、最適ですよ〜〜。困ったときはgoproマニアのボクに聞いてください^^
      推すだけになっちゃいマスが 笑

  • 今は1ドル=4200スムもするんですね!
    昨年9月上旬はたしか1ドル=3300スムくらいだったんですが・・
    でも、日本人からしたらドルが高くなってるので
    結局あまり変わっていないということですね。

    パミール高原は6月上旬でも寒いくらいなのに、
    6月中旬のウズベキスタンが酷暑では服装の準備が
    難しいですね~。

    ブログに何月頃はこんな服装で暑かった(寒かった)とか
    書いていただくと大変参考になります。
    今後の更新も期待してます!

    • そんなに変動があるんですね!!ホント結局円相場があれですもんね。。。
      ウズベキスタンに入った瞬間極端に熱くなってビックリしちゃいました、、
      パミール高原は10℃以下だったのに、、
      サマルカンドは6月中旬は30度ちょいだったり、40℃こえたり気温の変化も大きかったです。
      そしてブハラはもっと熱かったです。45℃とか町を歩けないレベル。
      7~8月はもっと過酷だな〜とおもえば行くのギリギリだったかな〜なんて思います。

      いつもありがとうございます♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です