インレー湖ボートツアーでミャンマーのリアルな水上生活を見た【動画】

th_G0042220

 

ミャンマーはインレー2日目。今日は目玉のインレー湖ボートツアーに参加します!

 

結果からいうとメチャクチャよかった!リアルに水上で生活する人々を見れましたよ。

 

sponsored link

 

◆世界一周動画20・インレー湖ボートツアー編

 

まずは動画の方からどうぞ。今日のシーンはバラエティに富んでいますよ♪

 

https://youtu.be/hcs0scI97tI
チャンネル登録はこちらから↓

 

 

インレー湖のマーケットは5日交代で場所が変わるので、3日間の滞在中1番面白そうな日を選びました。

 

インディー村、水上ガーデン、水上パゴタを廻るツアーでした。料金は一艘チャーター9000チャット(1040円)

 

 

th_IMGP9370

 

朝8時に 宿に旅行会社の人が迎えにきてくれて、船着き場まで車で移動。

 

th_IMGP9019

 

では出発!この川を少し下れば湖です。

 

th_IMGP9024

 

てか、この船頭さんメッチャかっこいい!ムダに笑わず、ひたすら仕事をこなす男。

 

th_IMGP9031

 

インレー湖に到着し、まず最初に驚いたのがコレ!

 

ボートを足でこいでる!!

 

th_IMGP9041

 

インダ−族独特の漁業法なんだそう。

 

空いた片方の手では器用に網を操り、すごいバランス能力!その体幹、欲しいよ(笑)
th_スクリーンショット 2015-04-17 22.54.00

 

でも何で足で漕ぐの?究極のめんどくさがりか?笑

 

と疑問だったので、後から旅行代理店の人に尋ねた所、

 

インダ−族は水上で生活していて、あまり歩かないから脚を鍛えてるんだ!とのこと。ちょっとだけ納得、でもやっぱり不思議。

 

他にも水面をバシバシ叩いて、魚を追い込む方法があったりと興味深い。

 

th_IMGP9307

 

船が一艘かろうじて通れるくらいの細い水路を通って、マーケットのある村に到着。

ここからボートを降りてマーケット散策です。

 

 

インディー村のマーケット散策

 

th_IMGP9095

 

マーケットの入り口付近は銀細工や、刺繍、置物が売っていて、観光客向けの感じかな〜?なんて思っていたんですが。

 

th_IMGP9096

 

進むに連れて、地元色が濃くなっていきました。

 

th_IMGP9099

 

地元の人の食卓に並ぶであろう、野菜や果物もたくさん。活気があります。

 

th_IMGP9100

 

特に買うものはないけれど、歩いているだけで面白い。

 

愛しそうに孫を見るおばあちゃん。

僕達をみると、「ミングラバー(こんにちは)って言ってごらん♪」と孫に言ってくれます。

 

3連発

 

th_IMGP9112

 

th_IMGP9116

 

th_IMGP9105

 

タナカベイビー、可愛い♪

 

*タナカ=ミャンマーの日焼け止め

 

ミャンマーの人は本当に温かくて、目が合うと微笑んでくれます。そして「ミングラバー(こんにちは)」って。

今まで旅した国の中で、こんなに挨拶をよくする国はなかったな〜。

 

あと民族衣装にインパクトがありますよね〜。

 

これなんてカラフル過ぎて、どれが荷物でどれが人か判断つきづらい(笑)

 

th_IMGP9138

 

歩いているだけで、異国感を感じます。

 

th_IMGP9091

 

ミャンマーいいな〜。

 

その後ボートに戻り、次なる目的地へ。

 

ガッツリ観光客向けの首長族の村、到着(笑)。

 

th_IMGP9143

 

いつも思うけど、首長族って数ある少数民族の中でも得してますよね 。やっぱりインパクトありますもん!

 

たとえ観光客向けだとしてもボクはテンションあがりましたよ(笑)
実際に首輪を持ってみると、意外と重くてビックリ。成人では9キロ近くあるそう。

 

th_IMGP9144

 

 

続いて織物工場へ。

 

この辺りは蓮の糸でつくった織物が名産みたい実際に触らせてもらいました。

 

th_スクリーンショット 2015-04-20 17.18.55 

 

なんと一本の糸をつくるのに4000もの繊維が必要とのこと!!気の遠くなるような作業ですね

 

下図は、その糸を染色して乾かす行程。

 

th_IMGP9207

 

th_IMGP9210

 

こんな感じで織っていくみたい。蓮で作った織物なんて初めて見たので、興味深かったです。

 

th_IMGP9206

 

他に、シルクを織る行程も見る事ができたり♪

 

th_IMGP9203

 

これだけ手間をかけて作っているんだよ〜!っとアピールした後は、もちろん恒例のお土産勧誘(笑)

 

「蓮で作ったミャンマーの民族衣装(ロンジーは)は、最高級品なんだ」と説明してくれました。

 

実際に生地を触ってみたけど、正直ごわごわしてて、シルクの肌触りには劣るな〜って感じました。

 

しかしそのシルクも、スカーフで70ドル。。ごめんね、買えないよ(笑)

 

その後、鉄の製造やタバコ工場にも寄りました。というか、半強制的に連れて行かれます(笑)

 

th_IMGP9216

 

th_IMGP9236

 

唯一買ってみたのが、このタバコ200円。

 

th_IMGP9321

 

ハニーやミント味など、バラエティ豊富で面白い♪

 

けど味は微妙。変に味のついた葉っぱみたいな。。ミャンマー人は「このタバコはヘルシーなんだぜ!」って絶賛してましたが。。

この後、人に会う度に「これ、ミャンマーのご当地タバコだぜ!」って言ってプレゼントしちゃいました( 笑)

 

途中、水上レストランでのランチ休憩も。

 

th_IMGP9185

 

街で食べるより大分高いけど、まあ許容範囲内。安さ重視でフライドライス。

 

水上の家と畑

 

ボートで湖を走っていると、所々に水上集落をみることができます。インダ−族はここに住んでるわけですね。

 

th_IMGP9221

 

日本人のボク達からしたら、それだけでもビックリなんですが。

 

th_IMGP9226

 

なんと水上に畑まであるんです。浮いているんですよ!

 

th_IMGP9183

 

どういうからくりか?といいますと、

 

水草を何層にも重ねて土台を作るらしいです。 

 

主にトマト栽培をしているみたい。そういえばマーケットには、やたらトマトが売っていました。

ボートから、畑作業をする様子を見る事もできましたよ。

 

th_IMGP9277

 

ほんとにインレー湖の文化・風習は独特で面白いな〜。

 

 

最後は水上のパゴタ(寺)によって、今日のボートツアーは終了。

 

th_IMGP9301

 

th_G0042220

 

朝8時に出発し、帰り着いたのが16時。たっぷりとインレー湖を堪能できました。

1000円ちょいの値段を考えると、凄くコスパ高いですよね。大満足♪

 

 

 ◆世界の食べ物・今日のウマい!

 

朝出発前に食べた揚げパン。一個10円。

 

th_IMGP9004

 

正直特別ウマい!と感動するレベルではないけど。安いから毎朝コレ食べてました。

宿の横で、毎日朝だけ営業していたこのお店、、、っていうか小屋?

 

th_IMGP9005

 

th_IMGP9002

 

揚げパンはミャンマーで定番の朝メシ。店の中で食べていると、地元人と触れ合えるのも面白い。

ボクたちに興味心身で、ミャンマー語で話しかけてくるおっちゃん。可愛かったな〜。

 

th_IMGP9010

 

おっちゃん曰く、揚げパンをミルクティーに浸すのがツウ(通)な食べ方らしいです。

 

th_IMGP9012

 

ミサトは浸すの苦手みたいでしたが、ボクは好きだったな〜。ミルクティーは多分10円。

おっちゃんが奢ってくれてたからわかりません♪

 

 

 

th_IMGP9112

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です