世界三大瀑布!イグアスの滝ベストシーズンの大迫力を見よ!【雨季】

th_IMGP0538

初めての世界三大瀑布!「イグアスの滝」へ

僕たちが訪れたのは雨期の真っ只中、水量が多いベストシーズンでした。その悪魔的な迫力をお伝えしましょう!

sponsored link

世界三大瀑布・イグアスの滝とは?

世界最大の滝と言われているんです!

南米大陸のアルゼンチン (80%)とブラジル(20%)の二国にまたがる、世界最大の滝である。

最大落差80メートル以上。「悪魔の喉笛」(Garganta del Diablo) が有名な観光名所である。歩いても船でもヘリコプターでも観光できる。

アメリカのT.ルーズベルト大統領が夫妻で訪れた際、イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうなナイアガラよ」と言った話は有名。

ウィキペディアより引用

ちなみに世界三大瀑布は以下の3つ。比較してみましょう。

 

ナイアガラの滝(アメリカ・カナダ)   最大落差51m 滝幅1020m

イグアスの滝(ブラジル・アルゼンチン) 最大落差82m 滝幅4000 m

ヴィクトリアの滝(ザンビア・ジンバブエ)最大落差108m 滝幅2700m

 

確かにナイアガラの滝は可哀相な立場になってますね、意外でした(笑)

イグアスの滝は落差こそヴィクトリア滝に劣りますが、圧倒的な広さ(滝幅)があるんですね!

 

イグアスの滝旅行動画

 

では動画からいきましょう!動画が一番イグアスの滝の迫力を伝えられると思います♪

https://youtu.be/m-BhIPjli2c

チェンネル登録者が1100を越えました♪

ベストシーズンのイグアスの滝へ・アルゼンチン側

 

イグアスの滝のベストシーズンは12月〜2月の雨期の時期。僕たちが訪れたのは12月中旬でした。

 

イグアスの滝は2つに分かれており、滝壺まで近づけて迫力があるのがアルゼンチン側、全体を見渡せるのがブラジル側となっています。今回紹介するのはアルゼンチン側です。

 

ブラジル側の拠点「フォスドイグアス」を朝8時に出発。バスを乗り継いで国境を越え、イグアスの滝アルゼンチン側へやってきました(行き方は最後に記載)。

th_スクリーンショット 2016-08-24 12.14.07

入園料一人260ペソ(当時3325円)を支払い中へ。

th_IMGP0388

敷地内は広大なので、トロッコ列車が移動手段になっています。

th_IMGP0389

まずト終着駅までいっきに進んで、一番迫力のあるスポット「悪魔ののどぶえ」を目指します。

th_スクリーンショット 2016-08-24 12.15.27

密林の中を、ガタンゴトンと進んでいくのは冒険感があって楽しいで♪

th_スクリーンショット 2016-08-24 12.16.07
トロッコを下車した後は、桟橋を1キロほど歩いていきます。
 th_スクリーンショット 2016-08-24 12.16.34
滝に近づくにつれ、ゴォーーと轟音が聞こえてきます。200メートルほど離れているのに、水しぶきが降ってくるのには驚きました。
この距離でびしょ濡れになるんです⇩

th_IMGP0469
「悪魔ののどぶえ」に到着しました!

 

これがイグアスの滝!ベストシーズンの大迫力!! 

 

 

th_IMGP0474
th_IMGP0475

大迫力!真っ白!滝壺なんて見えません。

 

風が吹くと大雨レベルの水しぶきに見舞われるので、二人ともびしょ濡れ。
th_IMGP0484

  水の動きを見ていると、飲み込まれそうな気持ちになります。
th_IMGP0485 (1)
th_IMGP0496

美しさに感動というよりは、圧倒的な地球パワーを体感した感じ。

 

これはイグアスの滝ベストシーズンの大迫力かと。

 

僕たち夫婦の会話は「ここに落ちたら間違いなく死ぬね〜〜」というネタでもちきりでした。

 

あと……迫力ありすぎてナニモ見えない。ってちょっと思っちゃいました。笑

 

 続いて滝全体を上から見られる遊歩道を歩きました。

th_IMGP0549

 

僕が好きになった景色はこちら。

th_IMGP0538

大きさも高さも様々な滝が4キロも連なっています!

th_IMGP0524 th_IMGP0546

1つ1つの滝がものすごい水量です!

日本だったらそれぞれが「観光名所クラスの滝」なのに、それが200個以上連なっているんですよ!!

そりゃあ世界遺産ですよ!文句なしです。

 

ここ以外にも「滝を下から見上げる」遊歩道もあるみたいですが、今回は時間の関係で断念。

 

でも大満足!

th_G0017819 (1)

ボートツアーでイグアスの滝に近づこう!

アクティビティ派の僕が一番楽しみにいたのが「ボートツアー」

 

滝壺に突っ込めるんです!

40秒ほどの公式動画を見たのがきっかっけで、やりたい!と思いました!

超スリル満点な感じです。大濡れ!Goproマニアにはたまりません。

https://youtu.be/mdDra0lg8EU

 が!! 僕たちが行った日は、「水量が多すぎて滝壺まで行けない」とのこと。。それでは意味がないので泣く泣く断念しました。行きたかった〜。

 

ベストシーズンも良いことばかりじゃないんですね。

 

ボートツアーはイグアスジャングル(iguazu jangle)という会社が有名で、現地で予約した場合の値段は350ペソ(当時4475円)でした。

 

人気のツアーのため予約が埋まることも多いので、イグアスの滝に着いたらすぐ予約するのがいいかも。ちなみに、近郊の町「プエルトイグアス」のバスターミナルでも同じ値段で予約できます

 

ヘリコプターでイグアスの全景を見るツアーもあるぞ!!

2万円ほど?払えば、ヘリコプターでイグアスの滝を見下ろすことができます。

 

僕たちが訪れた時も、上空をバンバン飛んでいましたよ。予算的には却下したんですが、VIPな人にはおすすめ。きっと今までにない体験ですよね。個人的にヘリに乗るくらいだったら、ドローン飛ばしてみたいけど♪

 

イグアスの滝の動物達・ハナグマに注意

イグアスの滝の周りは大自然の密林。動物ウオッチングも楽しみの一つでした。

鳥や蝶、イグアナなど珍しい動物がたくさんいるんです。動物に心奪われちゃって、滝そっちのけになっちゃいます。笑
th_IMGP0446

th_IMGP0437 th_IMGP0411

施設内には「博物館」もあり、近隣に住む動物を知ることができます。

th_IMGP0391 th_IMGP0393

 

イグアスの滝には注意すべき動物もいます

それがハナグマ。

th_IMGP0401 th_IMGP0398

見た目は愛くるしい姿をしているので、ついつい餌をあげたり、触れたくなっていまうんですが、それはご法度です。

 

人間(観光客)から餌を獲ることを覚えたハナグマは、強引に食べ物を奪います。

 

鋭い爪でひっかかれ病院送りになった方も多いんだとか。ハナグマを追い払う専門のスタッフがいるくらい、本当に危険だそうです。

 

散々注意書きも書いてあるんですが、それでも餌をあげる観光客がいるんですよね〜。。実際に見かけて残念な気持ちになりました。ダメ絶対。

イグアスの滝への行き方・アクセス

th_GOPR7345

ブラジル側の拠点フォスドイグアスに宿泊しており、そこから国境を越えてアルゼンチン側のイグアス国立公園に向かいました。交通機関の情報&行き方をまとめておきます。

 

1、ブラジル側の拠点フォスドイグアス→国境→プエルトイグアス

近距離バスターミナル(アルゼンチン通り)にあるバス停から40分に一本、国境行きのバスが出ている。

乗車時間は30分程。ブラジルからアルゼンチン側への入国審査は全員下車(アルゼンチン→ブラジルは不要)

この際少しの間ならバスが待っていてくれるため、急いでイミグレに向かいましょう。モタモタしていると本当に置いてかれます(笑)次のバスは40分後です。

 

2、プエルトイグアス→イグアスの滝

下車したプエルトイグアスのバスターミナルからイグアス滝行きのバスは、20分に1本でていました。所要時間は40分。値段は往復100ペソ(当時1200円)。

 

ターミナルではバスチケットのほか入園チケット、ツアー予約もできます。ただしクレジットカード払いができないので注意が必要。手数料は高いが近くの銀行でお金を降ろす事は可能でした。

 

まとめ

th_GOPR7098 2

 

世界三大瀑布というだけあり、イグアスの滝は世界一周で見た中でも一番「心を動かされた滝」でした。

やっぱデカイってそれだけですごいですよ!

 

大迫力!地球はすごい!その一言に尽きます。

 

南米を訪れる機会があれば、マストで行くべき!な場所だと思います。

今回は天候の関係でブラジル側に行けなかったので、次回は行ってみたいです♪

th_GOPR7098 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です