【GoPro HERO 4比較】簡単まとめ。ブラック・シルバーエディションどれを買う?

スクリーンショット 2014-09-29 23.44.54

 

ついに!!GoPro Hero 4発表されましたね!感動です。発表は2014年10月でした。

今日仕入れた情報の簡単なまとめと発表された3つのモデルを比較しどれを買う?という考察をしてみたいと思います。

 

GoPro新商品発表『GoPro HERO4』 GoPro NIPPON [GoProマスターディストリビューター(日本総代理店)]|ニュース

追記:2016年9月新モデルGopro Hero5が発表されました。Hero4との違いを比較した記事はこちら。

GoPro Hero5の新機能をHero4と比較!ドローンKARMAのおすすめポイントは?

 

 

 

sponsored link

◆どんどんHERO4の新着情報がはいってくる

 

公式動画

 

http://youtu.be/wTcNtgA6gHs

 

まずはこちらの動画をご覧下さい!マウント云々というよりも、「圧倒的なこの画質をご覧下さい!」というGoPro Hero 4からのメッセージが伝わってくるようです。噂されていた4K 30fpsの超高画質が惜しみなく発揮されています。僕は今日繰り返しこの動画を見続ける事でしょう!

 

開封動画

 

http://youtu.be/VsdDGTP4cyk

http://youtu.be/fUeleax2-bk?list=UUTs-d2DgyuJVRICivxe2Ktg

 

スクリーンショット 2014-09-30 22.59.17

 

MicBergsmaさんの開封動画。外観・バッテリーの取りつけ位置が下向きに変わっているのが分かります。という事は…

今までのバッテリーは使えなくなるという事ですよね..それは悲報ですね。

 

スペック紹介

 

http://youtu.be/IuzU2qQRwSI

 

スペック紹介動画(英語)

 

気になるナイトラプス機能

 

http://youtu.be/EG2NgPKEeyU

 

GoPro hero+と比べて夜間の写真・タイムラプスが格段に綺麗撮れるようです。

 

4K 30fps(ブラックエディション)

 

 

http://youtu.be/Wf7oEac2FUk?list=UUSTN8VprAlLkUNqUqYhuI-A

 

今回のアップグレードの目玉はブラックエディションの4K 30fps。テスト動画。

 

1080p 120fpsスローモーション

 

http://youtu.be/i9Xsk7noL-U?list=UUSTN8VprAlLkUNqUqYhuI-A

 

1080p 120fpsのスローモーションは実用範囲内として使う方が多いと思われます。テスト動画。

 

 

◆詳しいスペックを比較してみよう

 

今回発売された3モデルのスペックを比較してみます。

 

GoPro HERO 4 ブラックエディション

 

スクリーンショット 2014-09-29 23.51.07 スクリーンショット 2014-09-30 0.00.57

 

 

ブラックエデション(Black Edetion)

値段は60,500円。大分値上がりしていますね…

 

特徴は何と言っても、4K 30fps

以前のモデルより(4K 15fps)より高画質滑らかな映像を撮れるようになっているようです。今回のプロモをみても、高画質を前面に推しているように感じました。

 

そして1080p 120fps.

これは大きいですね、個人的には4Kの30fpsより嬉しいポイントです。実用範囲内で圧倒的なスローモーションの滑らかさが実現される!

 

またHero3+にはなかった、ナイトラプス機能より、夜間も綺麗な写真・タイムラプスが撮れるようになったとのこと。

ISO感度、露出補正、色味の調整 出来るのは嬉しいですね。

 

内蔵マイク可聴域を超える音まで拾うということで、Hero3+の2倍のダイナミックレンジ音声収録できるようになったとこと。

 

 

GoPro HERO 4 シルバーエディション

スクリーンショット 2014-09-29 23.51.04 スクリーンショット 2014-09-30 0.01.04

シルバーエディション(Silver Edetion)

値段は、47500円

 

4K   15fps 

1080p  60fps

 

上の2点に関してGoPro Hero4ブラックエディションと比べると解像度は見劣りしますが、その他の機能は基本的にブラックと同じ仕様のようです。

1番の特徴は

 

「タッチパネル標準搭載」

 

オプションのLCDタッチ バックパックGoProアプリを使わずに、本体で画角を確認しながら撮影できるのが利点ですね。

 

 

HERO

スクリーンショット 2014-09-29 23.51.00

 

・1080p                     30,25fps

・720p                        60,50fps

・720Super View     60,50fps

 

今回新しい試みとして、エントリーモデルが発売されています。

 

値段は19500円 

 

WiFi非対応(*注)

 

ハウジングは取り出し不可

 

性能的には、ブラックやシルバーと比べると遥かに劣りますが、今までの全モデルと比較しても

 

圧倒的に安い!

 

GoProに触れた事ない層に、よさを体験してもらいたいということですね。この辺のマーケティングはGoProさんさすがと言った感じで関心すら覚えました。

 

 

(注)1080p60fpsが撮影可能になった「HERO+」

タッチパネル搭載モデルの「HERO+LCD」が発売となりました。

どちらもwifi対応となり、使用しやすくなりました。

ハウジング一体型という点は変わりありません。

 

スクリーンショット 2016-06-19 14.04.05

Goproラインナップ

 

追記:Gopro Hero4 session(セッション)

 

スクリーンショット 2016-06-19 14.09.28

 

2015年7月に発売された、全く新しいモデル。

 

・1440p                     30fps

・1080p                     60fps

・960p       60fps

・720p                     100fps

 

値段は28500円

 

最小・最軽量(74g)

 

10m防水

 

ワンタッチで使える
今までのGoproからデザインが一新されキューブ型に。
ハウジング式ではなく、本体自体に10m防水機能がある。
ワンタッチで電源のオンオフや、録画開始の操作が可能になった。
音声面では風切り音の軽減も図られている。

◆エディションはどれを選ぶ?

 

ユーザー自身がGoProに何を求めるか?で選び方が分かれそう

 

・ブラックエディションは圧倒的な高画質・スローモーションの滑らかさを求める方

 

スローモーション機能を使って、高度な編集をしたい方はブラック一択でしょう。

現時点で最強のGoproです。

 

 

シルバーエディションは気軽な操作性を求める方

 

4kやスローモーション機能に興味がない方。旅行や趣味で気軽に使いたい場合はおすすめ。

 

 

・エントリーモデルはとにかくGoroに触ってみたい方

 

とにかくGoproを安く買いたいという向け。

 

 

 

 

・セッションモデルはハードなスポーツをする方

 

バイクや自転車、激しいスポーツをする方は軽さが正義になります。

狭い場所に取りつけたい場合もおすすめ。

 

 

 

 

といった印象です。

 

 

予備バッテリーはこちら

 

ちなみに僕はブラックを買いました

 

僕の場合は、GoPro hero3+ブラックエディションを1台持っているので、GoPro4を買うならスペック的に進化した物が欲しいです。

確かに背面ディスプレイは魅力的ですが、GoProの画角に慣れてしまえば、あまり気にならないかなと思っています。(ものすごく意見は分かれそうですが)

 

とにかく1080p 120fps コレが決め手でした

 

追記:ブラックエディションは12月末の予定?との事でしたので海外から取り寄せてみました。

 

【GoPro Hero4動画】ブラックエディションだけの滑らかスローモーション1080p 120fpsでスケボーを撮る!

 

◆GoPro4を使って世界一周動画をリアルタイム配信中

 

2015年1月より1年3ヶ月の世界一周の旅に出ました。

GoProを活用して世界のワクワク動画をYouTubeで配信しています。

 

例えばこんなのとか

 

カンクン旅行まとめ

https://youtu.be/zwbNECxBBZw
世界一周バリ島まとめ動画

http://youtu.be/BE-qhJswv24

 

東チベット動画

https://youtu.be/25vggzKmJtY

 

チャンネル登録はこちら

 

関連記事

GoProを旅の防水カメラにおすすめする5つの理由と弱点

【レビュー】GoPole SCENELAPSE(シーンラプス)!GoProやiPhoneで360°タイムラプスを撮ろう!

GoPro Hero4のmicroSDカードはコスパ最強のAmazon限定品がおすすめ!

 

 

スクリーンショット 2014-09-29 23.51.07

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です